美しい文字の似合う人に

京都書道学院

■ 入会案内

〜〜〜 ごあいさつ 〜〜〜
京都書道学院は、幼児から大人の方まで幅広い年齢層の方々に楽しく書を学んでいただく場を提供いたしております。生涯学習が盛んに言われる中、字を上手に書くことはもちろんのこと、書を通して豊かな人間性の育成や生涯の趣味として楽しんでいただけることを目指しております。

文字を書く事が苦手な方が自分の字に自信が持てるようになるまで暖かく見守り指導させていただきます。

また、書をおもしろおかしく書くのではなく、伝統を踏まえた本格書道を伝えていきたいと考えております。そしてコンピューター全盛の時代に豊かな癒しの時間をご提供させていただくと同時に、手書き文字のやさしさ、温かさを多くの方に再認識していただけるように努めてまいります。

その他、将来師範の免許を取り教室を開きたい方や、展覧会の出品等、専門家として研究をする方への指導にも力を入れております。

その他、塾保険にも加入しております。全会員様が対象となり万が一の教室内でのケガや通塾時の事故などにも対応出来ます。安心安全の書道教室です。

新しい環境に身を置くのは勇気がいるものです。でも、最初の一歩を踏み出してもらえれば、あとは京都書道学院が全力でサポートいたします。あなた様のお越しを心からお待ちしております。


   

幼児の部 | 小学生の部 | 中学生の部 | 一般コース
日常書コース | 研究科コース | 指導者養成コース

費用等について >>>


(株)京都書道学院 代表取締役 
   水江風海 プロフィール
 
 
  • S 44. 6.24生まれ
  • 安詳小学校/東輝中学校/亀岡高校
  • 京都教育大学美術科書道卒後すぐに書塾指導始める
  • 京都書道学院創設(24歳)
  • 29歳より4回連続日展入選
  • 2014年株式会社京都書道学院代表取締役就任
  • 現在は書壇と距離を置き独自の作風を発表
  • 智積院「智山専修学院」書道講師
  • 大覚寺「嵯峨伝灯学院」書道講師
  • 種智院大学非常勤講師
  • 亀岡市美術展運営委員副委員長
  • 京都新聞書初め展元鑑査委員
  • 元池坊文化学院書道講師
  • 元高等学校書道講師
  • テレビ東京系列時代劇刺客請負人
    左とん平さんの手元吹替え(2007年)
  • TBS系列金曜ドラマ時代劇「大奥」
    尾美としのりさんの手元吹替え(2012年)
  • 松竹映画「日本のいちばん長い日」役所広司さんの手元吹替え(2015年)
  • BSフジ時代劇ドラマ「三屋清左衛門残日録」北大路欣也さんの手元吹き替え(2016)
  • 新春時代劇「信長燃ゆ」寺尾聰さんの手紙執筆(2016)
  • BSフジ時代劇ドラマ「三屋清左衛門残日録 完結編」北大路欣也さんの手元(2017)
  • 東宝映画「本能寺ホテル」堤真一さんの手元吹き替え(2017)
  • NHK BSプレミアム「漱石悶々」豊川悦司さんの手元吹き替え(2017)
副代表 水江はるみ  
  • 京都教育大学美術科書道卒
  • 京都嵯峨芸術大学書道講師
  • 京都府立園部高等学校・付属中学校書道 元非常勤講師
  • 元池坊文化学院書道講師
  • 元大覚寺嵯峨書道学院講師
  • 元嵯峨美術短期大学書道講師
  • 元中学国語講師


【幼児の部】

基本的に「あいうえお」が一通り読むことができるお子様を対象にしております。

 4歳から6,7歳の子供たちの上達ぶりには目を見張るものがあります。教室では、とにかく字を書くことが好きになっていただくことを第一目標に指導します。小さなお子様を指導しているとその時の体調や気分によってさまざまな文字を書きます。書かれた文字から指導者はその日の調子がすぐにわかります。時には厳しく言うこともありますが、わが子に接するのと同じ気持ちで子どもの繊細な部分を見守りながら指導させていただきます。この時期に丁寧に手本を見て書く事を習得出来れば生涯文字に劣等感を持たなくて良くなります。

 保護者の方には、お子様がとにかく教室に来るのが楽しみになるような気分にしてあげてほしいと思います。指導者ももちろんそのような環境を作れるよう工夫してまいります。

1回の練習内容
*鉛筆・細筆(約15分) ・毎月の競書課題の練習と清書
・細筆で名前などの練習
*毛筆(約45分〜60分) ・筆遣いの基本
・毎月の競書課題の練習と清書
※所要時間には個人差があります
夏にはうちわやTシャツ、12月は書初めの練習、新年にはカレンダーなど
季節に合わせた特別課題も好評です。
▲上へもどる

【小学生の部】

毎月出品課題での段級の取得を中心に練習をします。書き初め展の入賞を目標に、意欲的に文字を書くことを身につけます。正確で整った字をマスターし、生涯文字を書くことに不安を持たなくてすむように力をつけます。また、学年ごとに習う漢字が正しく書けるよう練習します。まずは教室で一番うまい子に、なっていただきます。

 低学年は元気よく伸びやかな文字が書けるようにします。同時に、トメ、ハネ、ハライがしっかり書き分けられるように注意します。

 高学年になると、整った文字を書くことはもちろん、どのようにすれば、美しく見せることが出来るのかということに重点を置いて指導します。上達の早い子には6年生あたりから毛筆・硬筆とも続け書き(行書体)の練習も取り入れ、大人になっても役に立つ文字や筆遣いへと更に発展してまいります。

 小学生の方もご家庭の皆様のフォローを是非お願いしたいですね。子供は上手く書けたときなどは親に見てほしいものです。子供が出すそのサインを逃さずに、見てそして褒めてあげる。これが出来るご家庭の子供は必ず上手くなります。逆に、作品を持って帰っても見もせずに捨ててしまわれる家庭の子は残念ながら興味を無くしてしまうようです。教室では最後はなるべく褒めてから終わるように心がけています。教室から帰ってきた時の1分間だけでも子供の作品を見てあげてください。1年間続けていただければその効果は歴然と現れるでしょう。お部屋のどこかにハナマル作品を貼って頂ければ最高の効果が期待できます。

他の書道教室で成果が出ずに困って京都書道学院の門をたたいてくださる方があとを絶ちません。自分の子どもの才能はこの程度ではないはずだとお考えの方は一度京都書道学院へご相談ください。必ずご満足いただく自信があります。

1回の練習内容
*鉛筆・細筆(約15分) ・「あいうえお」〜「アイウエオ」の練習
・その学年で習う漢字の練習
・毎月の競書課題の練習と清書
・細筆で名前や文章の練習
*毛筆(約45分〜60分) ・基本的な筆遣い
・毎月の競書課題の練習と清書
※所要時間には個人差があります
夏にはうちわやTシャツ、12月は書初めの練習、新年にはカレンダーなど
季節に合わせた特別課題も好評です。
▲上へもどる

【中高生の部】

 本格的な書道への入り口にあたります。

 中学生ではとにかく、行書体が書けるように指導します。小学生でやってきた筆遣いと違い、初めのうちは戸惑いもあります。しかし、すぐに慣れてくるでしょう。そして楽しく書けるようになります。書道芸術のスタートです。中国の古典から基本となるものを選び、様々な書体・筆遣いを覚えていきます。あわせて、仮名文字の基本も指導します。中学卒業まで続けていただくと手本と同じような字が書けるようになるものです。

 高校では、更に進んで専門的に取り組み、条幅作品や展覧会にも出品していきます。また、日常書(細筆)の練習やペン字の練習もします。高校卒業時には大学の書道科を受験できる程度の実力がつきます。

もちろん、初心者の方にはゆっくり基本から練習していただけますのでご安心ください。

中学生の練習内容
(60分〜90分)
・「あいうえお」つづけた仮名文字の練習
・漢字の行書体の練習
・毎月の競書課題の練習と清書
・中国古典(篆・隷・楷・行・草書体)の練習
・毎月の競書課題の練習と清書
高校生の練習内容
(60分〜90分)
・「あいうえお」続けた仮名文字の練習
・感じの行書の練習
・毎月の競書課題の練習と清書
・中国古典(篆・隷・楷・行・草書体)の練習
・毎月の競書課題の練習と清書
・日常書(細字)の練習…手紙、のしの書き方
・半切条幅作品の指導
・展覧会出品の指導(希望者のみ)
▲上へもどる

【一般コース】
書道全般を学ぶコースです。(ご入会いただく方の8割は自分の字に自信がないからという理由でお越しになります。残りの2割は書く事が好きだからもっと楽しみたいという方です)

生涯の趣味として書道を楽しむことを目的とし、初めての方からあらゆるレベルの方を対象としたコースです。毎月競書課題を練習し、段級の取得を励みに稽古していきます。
毛筆(漢字・仮名)・日常書・ペン字のすべてにわたり練習できます。
最終的には師範取得レベルまで上達するよう指導します。
練習内容
*毎月の競書の課題練習(毛筆・日常書・ペン字)
*毎回半紙に4〜6字、中国古典の練習(楷書・行書)
*希望者には簡単な硬筆練習(ノート)
*仮名や条幅作品の練習(別料金・・・指導料・出品料・手本代・道具代込み各千円税別)
☆師範試験を目指しての指導もします。
▲上へもどる

【日常書コース】
ペン字、細筆を中心に学ぶコースです。
日常のあらゆる場面で役に立つ力を付けることを目的としています。自分の住所や名前はもちろん、のし袋、手紙、葉書、年賀状にも自信を持って書けるようになります。約2年で一通り出来るように指導し、興味が出てこられた方には、仮名作品の練習や、一般コースへ移られることをお勧めしています。

【研究科コース】
師範かそれに相当するレベルの方を対象にしたコースです。
古典の研究を通して、専門的な技術・知識を身につけます。年に数回展覧会などにも出品し、腕を磨いていただきます。また、教室を開きたい方のために、指導者としての勉強もしてもらいます。

【指導者養成コース】(一般コースか研究科コースと同時受講に限る)
このコースは特待生かそれに相当する力をお持ちの方を対象にしております。1年間で教室を開くための技術と経験を積んでいただきます。何よりも本人のやる気が大切です。やってみたい!という気のある方を応援します。
4〜9月は子供を教えるための技術や知識を身に付けていただきます。(月1回)
10〜3月は実際の教室で子供に接しながら経験をつんでいただきます。
▲上へもどる

費用等について >>>

Copyright (C) 2008-2009 Kyotosyodogakuin. All Rights Reserved.